新型コロナウィルスに関連する本校からの連絡

2020 9/18

保護者のみなさまへ 

 【お知らせとお願い~新型コロナウイルス感染症対策について~】
   秋田きらり支援学校 校 長  新 目 基
 
 秋田県では8月7日(金)のクラスター発生後から、秋田中央保健所管内で4名、大仙保健所管内で1名の感染者が発生し、累計感染者数は9月17日現在で51名(うち再陽性1名)を数え、なかなか収束の兆しが見えません。
 そこで、例年、インフルエンザの流行期に行っている校外学習を実施しない等の対策を踏まえ、2学期中は次の感染症対策を実施いたしますので、御家庭でも御協力くださいますようお願いいたします。また、いろいろな学習活動が制限されている状況下ですが、子どもたちの学ぶ意欲や好奇心、発見や感動、達成感を大切に日々の学習を工夫して行ってまいりますので、御理解、御協力くださいますよう重ねてお願いいたします。
 なお、新型コロナウイルス感染症の発生状況等によっては内容を変更・中止することもあります。その場合には、改めてお知らせいたします。

 1 教室等の消毒について
  ①児童生徒の下校後に、校内の共用部分(トイレや教室等)や、使用した教材教具をアルコールや次亜塩素酸ナトリウムで消毒する。
  ②消毒後は教室に入室しない。

 2 給食について
  ①児童生徒がランチルームを利用する時間をずらす。
  ②パーティションを活用したり、個々の座席間の距離をとったり、対面にならないように配置したりする。
  ③食事介助をする職員は手洗いを徹底してマスクを着用し、介助中は給食を食べない。
  ④職員は、調理室や家庭科室、または午後12時50分過ぎのランチルーム(この時間帯は、給食を食べている児童生徒数が、②の配慮を行った場合の収容可能人数の半数以下となる)で給食を食べる。食事中は会話を避ける。
 3 授業について 
  ①学部や学年合同での授業は体育館などの広い場所で行ったり、小グループに分けて行ったりする。
  ②調理活動の際は自分の分を調理し、手指消毒、マスク着用、3密回避に留意する。
  ③教室等の換気を、1時間に2回行う。

 4 行事や交流等について
  ①12月まで実施予定の校外学習は中止する。但し、高等部3年生の現場実習は、保護者の承諾があれば、新型コロナウイルス感染症対策を講じた上で実施する。
  ②交流等の来校者については、12月まで教室棟への出入りを原則禁止する。
  ③10周年を祝う会、きらり祭は、児童生徒と職員で行う。報道関係の取材については、新型コロナウイルス感染症対策を講じた上で実施する。
  ④大学生の教育実習や介護等体験については、新型コロナウイルス感染症の拡大状況を踏まえ、児童生徒と接触する機会を減らす等、安全に留意して実施する。
  ⑤人材ボランティアによる学習は、来校者を3名以下に限り、新型コロナウイルス感染症対策を講じた上で実施する。
   
 5 その他
  ①校舎に入ったとき、食事前など、児童生徒・職員共に石けん・流水で手洗いを行う。手洗いが難しい場合にはアルコール消毒を行う。
  ②校内では、原則として、児童生徒も職員もマスクを着用する。但し、熱中症等の危険がある場合には、ソーシャルディスタンスに留意してマスクを着用しない。
  ③児童生徒・職員共に登校前に検温や健康観察を行い、風邪症状(発熱、倦怠感、息苦しさ等)がある場合は学校を休む。また、医師の診断を受け、指示に従う。
  ④児童生徒・職員共に県外に居住する者との接触を避ける。止むを得ず接触する場合は、3密を回避するなど新型コロナウイルス感染症対策を講じる。
  ⑤県外に居住する者と接触した職員は管理職に報告し、管理職は対応を決定する。
  
 <保護者のみなさまへのお願い> 
1 登校前に検温を行ってください。
2 熱などの風邪症状がある場合には、登校を控えて医師の診断を受けてください。

3 登校時は、原則として、マスク(布マスク、手作りマスクも可)を着用させてください。御家庭でマスクの準備が難しい場合は、担任に相談してください。
4 同居する御家族が県外に出張等した場合は、担任までお知らせください。
5 児童生徒や御家族が、新型コロナウイルス感染症の疑い等でPCR検査を受けることになった場合には、すぐに学校にお知らせください。

 

 

 

2020 8/25

【お知らせとお願い ~新型コロナウイルス感染症対策について~】
 秋田きらり支援学校  校 長 新 目 基

新型コロナウイルス感染症や熱中症の心配があり、自由に動くことができない夏休みであったと思いますが、今夏しかできない体験を積んだ日々でもあったと思います。
 さて、秋田県では、8月7日(金)にクラスターが発生して以来、感染者の発生が続いており、累計感染者数は8月24日現在で45名を数え、いまだ増え続けています。
 そこで、本校では、安全安心な学習環境を整えるため、当面の間、次の感染症対策を実施いたしますので、御家庭でも御協力くださいますようお願いいたします。
 但し、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況等によっては内容を変更したり、活動そのものを中止したりすることもあります。その場合には、改めてお知らせいたします。

 1 教室等の消毒について
  ①児童生徒の下校後に、校内の共用部分(トイレや教室等)や、使用した教材教具をアルコールや次亜塩素酸ナトリウムで消毒する。
  ②消毒後は教室に入室しない。

 2 給食について
  ①児童生徒がランチルームに入る時間をずらす。
  ②パーティションを活用したり、個々の座席間の距離をとったり、対面にならないように配置したりする。
  ③食事介助をする職員は手洗いを徹底してマスクを着用し、介助中は給食を食べない。
  ④職員は、調理室や家庭科室、または午後12時50分過ぎのランチルーム(この時間帯は、給食を食べている児童生徒数が、②の配慮を行った場合の収容可能人数の半数以下となる)で給食を食べる。食事中は会話を避ける。
 3 授業について 
  ①当面の間、学年の朝の会は行わない。また、学部や学年合同での授業は体育館などの広い場所で行ったり、小グループに分けて行ったりする。
  ②教室等の換気を、1時間に2回行う。

 4 行事について
  ①9月に実施予定の校外学習や修学旅行は中止する。また、10月以降の実施については、新型コロナウイルス感染症の拡大状況を踏まえて9月中旬に決定する。
  ②9月中の来校者については、教室棟への出入りを禁止する。
  ③10周年記念式典と祝賀会は行わず、10月9日(金)に、児童生徒と職員による
   「10周年を祝う会」を行う。(10日(土)は休日、12日(月)は授業日)
  ④きらり祭は児童生徒と職員による学習発表会とし、11月6日(金)に行う。
   (7日(土)は休日、9日(月)は授業日)
  ⑤特文連のスマイルステージ、特体連の体育大会は、既に中止が決定している。
  
 5 その他
  ①校舎に入ったとき、食事前など、児童生徒・職員共に石鹸・流水で手洗いを行う。
手洗いが難しい場合にはアルコール消毒を行う。
  ②校内では、原則として、児童生徒も職員もマスクを着用する。但し、熱中症等の危険がある場合には、ソーシャルディスタンスに留意してマスクを着用しない。
  ③児童生徒・職員共に登校前に検温や健康観察を行い、風邪症状(発熱、倦怠感、息苦しさ等)がある場合は学校を休む。また、医師の診断を受け、指示に従う。
  ④児童生徒・職員共に、3密状況や県外に居住する者との接触を避ける。
  ⑤県外に居住する者と接触した職員は管理職に報告し、管理職は対応を決定する。
  
 <保護者のみなさまへのお願い> 
1 登校前に検温を行ってください。
2 熱などの風邪症状がある場合には、登校を控えて医師の診断を受けてください。

3 登校時は、原則として、マスク(布マスク、手作りマスクも可)を着用させてください。御家庭でマスクの準備が難しい場合は、担任に相談してください。
4 同居する御家族が県外に出張等した場合は、担任までお知らせください。
5 児童生徒や御家族が、新型コロナウイルス感染症の疑いがありPCR検査を受けることになった場合には、すぐに学校にお知らせください。

 

2020 7/23

【お知らせとお願い ~新型コロナウイルス感染症対策について~】
 秋田きらり支援学校  校 長 新 目 基

 5月11日(月)に学校が再開してから約2ヶ月、各ご家庭のご理解とご協力のもと、1学期の教育活動を実施できましたことに感謝申し上げます。
 しかし、東京など数カ所の地域を始め全国的に感染者数が増加傾向にあり、人の移動により地方に感染が広まることが懸念されています。
 そこで、2学期も安全安心な環境で子どもたちを迎えることができるように、教職員は夏休み中も次のことに留意して参ります。各ご家庭でも、予防対策や健康管理にご注意くださいますようお願いいたします。また、気になることや心配なことがありましたら、すぐに各学部主事までご連絡くださるよう重ねてお願いいたします。
 なお、2学期からの新型コロナウイルス感染症対策については、2学期の開始前に、一斉メールやホームページにて改めてお知らせいたします。

 

<留意事項>
①出勤前に検温を行い、風邪症状がある場合は医師の診断を受け、指示に従う。
②校舎に入ったとき、食事前などには石鹸・流水で手洗いを行う。
③校内では原則としてマスクを着用し、3密を避けたり換気を励行したりする。                          ④児童生徒等が校舎に出入りする場合は、使用した教室を消毒する。
⑤3密状況や県外に居住する者との接触に十分留意する。
⑥県外に居住する者と接触した職員は管理職に報告し、管理職は状況を把握する。

 

 

2020 6/22

【お知らせとお願い  ~新型コロナウイルス感染症対策について~】
     秋田きらり支援学校   校 長 新 目 基

4月15日(水)以降、秋田県内で新型コロナウイルス感染症の感染者は出ていない状況です。また、6月19日(土)には、都道府県をまたぐ移動自粛が解除されました。 
 しかし、全国では、毎日2ケタの感染者が確認されており、文部科学省からの通知には、咳エチケットやソーシャルディスタンスなどの「新しい生活様式」を実行し、感染の予防や拡大に努めることが示されています。
 そこで、本校では、当面の間、5月29日(金)にお渡しした「お知らせとお願い ~新型コロナウイルス感染症対策について~」に記載した感染症対策を継続して参りますので、引き続き、御協力くださいますようお願いいたします。
 但し、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況等によっては内容を変更することもあります。その場合には、改めてお知らせいたします。
             ※付け加えた箇所に下線を引いています。

 1 教室等の消毒について
  ①児童生徒の下校後に、校内の共用部分(トイレや教室等)や、使用した教材教具をアルコールや次亜塩素酸ナトリウムで消毒する。
  ②消毒後は教室に入室しない。

 2 給食について
  ①児童生徒がランチルームに入る時間をずらす。
  ②個々の座席間の距離をとり、対面にならないように配置する。
    ③食事介助をする職員は手洗いを徹底してマスクを着用し、介助中は給食を食べない。
  ④職員は、調理室、または午後12時50分過ぎのランチルーム(この時間帯は、給食を食べている児童生徒数が、②の配慮を行った場合の収容可能人数の半数以下となる)で給食を食べる。食事中は会話を避ける。

 3 授業について 
  ①当面の間、学年の朝の会は行わない。また、学部や学年合同での授業は体育館などの広い場所で行ったり、小グループに分けて行ったりする。
    ②教室等の換気を、1時間に2回行う。

 4 行事について
  ①10周年記念式典と祝賀会は行わず、10月9日(金)に、児童生徒と職員による「10周年を祝う会」を行う。(10日(土)は休日、12日(月)は授業日)
    ②きらり祭は児童生徒と職員による学習発表会とし、11月6日(金)に行う。これ      により、ステージ発表等の合同練習を教科等の学習に振り替え、臨時休業による学習の遅れに対応する。(7日(土)は休日、9日(月)は授業日)                                     

    ③特文連のスマイルステージ、特体連の体育大会を中止する。
    ④修学旅行や宿泊学習は、目的地や活動内容、実施時期等について検討する。
 5 その他
    ①校舎に入ったとき、食事前など、児童生徒・職員共に石鹸・流水で手洗いを行う。手洗いが難しい場合にはアルコール消毒を行う。
  ②校内では、原則として、児童生徒も職員もマスクを着用する。但し、熱中症等の危険があると判断した場合には、ソーシャルディスタンスに留意して、マスクを着用しない。

    ③児童生徒・職員共に学校に来る前に検温を行い、風邪症状がある場合は医師の診断を受け、指示に従う。
    ④児童生徒・職員共に、3密状況や県外に居住する者との接触を避ける。
  ⑤県外に居住する者と接触した職員は管理職に報告し、管理職は対応を決定する。
  
 <保護者のみなさまへのお願い> 
    1 登校前に検温を行ってください。
    2 熱などの風邪症状がある場合には、登校を控えて医師の診断を受けてください。

  3 登校時は、原則として、マスク(布マスク、手作りマスクも可)を着用させてください。御家庭でマスクの準備が難しい場合は、担任に相談してください。
    4 御家族が県外に出張等した場合は、担任までお知らせください。

 

 

2020 6/3

【お知らせとお願い~水治学習室(室内プール)の使用中止について】

       秋田きらり支援学校   校 長 新 目 基

 

 日頃より、本校教育活動への御支援並びに御協力に対しまして、心より感謝申し上げます。

  さて、5月11日より学校が再開し、4週目に入りました。現在、緊急事態宣言は解除されたものの、全国に目を向けますとまだまだ安心できる状態とはいえません。
 本校の児童生徒の多くは基礎疾患を抱えており、文部科学省及び県教育委員会の指針に従い、感染リスクの軽減を目指し、全校一丸となって感染予防に取り組んでおります。
 ついては、感染予防の観点から、水治学習室を活用した教育活動について検討させていただきましたが、水治学習室(室内プール)の使用においては、3つの密(密閉・密集・密接)の重なりを避けるという政府の諮問会議の提言や感染予防のためのソーシャルディスタンスを保つことは困難であるという結論に至りました。
  そこでこの度、御協力いただきましたアンケートにも記載させていただいたとおり、新型コロナウイルス感染症等に係る様々な事情を考慮し、本年度の水治学習室の使用を中止させていただきたいと考えております。
  保護者の皆様におかれましては、以上の点について御理解いただき、本件について御了承賜りますようお願い申し上げます。

 

 

2020 5/29

【お知らせとお願い  ~新型コロナウイルス感染症対策について~】
     秋田きらり支援学校   校 長 新 目 基

 

 5月11日に学校が再開してから3週間が経ちました。この間、新型コロナウイルス感染症によって、子どもたちの健康や安全が脅かされることなく過ごして来れましたのは、ひとえに保護者のみなさまの御協力のおかげと感謝申し上げます。
 さて、緊急事態宣言は5月25日をもって完全に解除されましたが、学校では、文部科学省より示された衛生管理マニュアルを踏まえ、次のように安全安心な学校環境を整えていきたいと考えていますので、引き続き御協力くださいますようお願い申し上げます。
 また、2学期に計画しております行事等については、3密を回避しながら学習の機会を確保するため、当面の間、次のように実施いたしますので、御理解と御協力をお願いいたします。
 但し、新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況によっては対応を変更することもあります。その場合には、改めてお知らせいたします。

 1 教室等の消毒について
  ①児童生徒の下校後に、校内の共用部分(トイレや教室等)や、使用した教材教具をアルコールや次亜塩素酸ナトリウムで消毒する。
  ②消毒後は教室に入室しない。

 2 給食について
  ①児童生徒がランチルームに入る時間をずらす。
  ②個々の座席間の距離をとり、対面にならないように配置する。
      ③食事介助をする職員は手洗いを徹底してマスクを着用し、介助中は給食を食べない。
  ④職員は、調理室、または午後12時50分過ぎのランチルーム(この時間帯は、給食を食べている児童生徒数が、②の配慮を行った場合の収容可能人数の半数以下となる)で給食を食べる。食事中は会話を避ける。

 3 授業について 
      ①当面の間、学年の朝の会は行わない。また、学部や学年合同での授業は体育館などの広い場所で行ったり、小グループに分けて行ったりする。
      ②教室等の換気を、1時間に2回行う。

 4 行事について
    ①10周年記念式典と祝賀会は行わず、児童生徒と職員による「10周年を祝う会」を実施する。
      ②きらり祭は児童生徒と職員による学習発表会とする。これにより、ステージ発表のための合同練習を教科等の学習に振り替え、臨時休業による学習の遅れに対応する。
      ③特文連のスマイルステージ、特体連の体育大会を中止する。
    ④修学旅行は目的地や実施時期等について検討する。

 5 その他
      ①校舎に入ったとき、食事前など、児童生徒・職員共に石鹸・流水で手洗いを行う。
    手洗いが難しい場合にはアルコール消毒を行う。
    ②校内では、原則として、児童生徒も職員もマスクを着用する。
    ③児童生徒・職員共に学校に来る前に検温を行い、風邪症状がある場合は医師の診断を受け、指示に従う。
      ④児童生徒・職員共に、3密状況や県外に居住する者との接触を避ける。
    ⑤県外に居住する者と接触した職員は管理職に報告し、管理職は対応を決定する。

  
 <保護者のみなさまへのお願い> 
    1 登校前に検温を行ってください。
    2 熱などの風邪症状がある場合には、登校を控えて医師の診断を受けてください。 

    3 登校時は、原則として、マスク(布マスク、手作りマスクも可)を着用させてく ださい。御家庭でマスクの準備が難しい場合は、担任に相談してください。
    4 御家族が県外に出張等した場合は、担任までお知らせください。

 

 

 

 

2020 5/7

【お知らせとお願い  ~新型コロナウイルス感染症対策について~】
     秋田きらり支援学校   校 長 新 目 基

 
 ようやく5月11日から学校が再開しますが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大については、心配や不安が皆無とは言えない状況にあり、保護者のみなさまも、感染予防に手を尽くされておられることと思います。
 学校でも、子どもたちの生命を守ることを第一に考え、当面の間、次のことを実施してまいりますので、御理解と御協力をお願いいたします。

 1 教室等の消毒について
  ①児童生徒の下校後に、校内の共用部分(トイレや教室等)や、使用した教材教具をアルコール消毒する。
  ②消毒後は教室に入室しない。

 2 給食について
  ①児童生徒がランチルームに入る時間をずらす。
  ②個々の座席間の距離をとり、対面にならないように配置する。
    ③食事介助をする職員は手洗いを徹底し、マスクを着用する。
  ④職員は給食をとらず、授業に支障をきたさないように職員室で昼食を食べる。

 3 授業について 
    ①当面の間、学年の朝の会は行わない。また、学部や学年合同での授業は体育館などの広い場所で行ったり、小グループに分けて行ったりする。
    ②教室等の換気を、1時間に2回行う。

 4 その他
    ①校舎に入ったとき、食事前など、児童生徒・職員共に石鹸・流水で手洗いを行う。手洗いが難しい場合はアルコール消毒を行う。また、職員が児童生徒と関わる場合もアルコール消毒を行う。
  ②校内では、原則として、児童生徒も職員もマスクを着用する。
  ③児童生徒・職員共に登校・出勤前に検温を行い、風邪症状がある場合は医師の診断を受け、指示に従う。
      ④児童生徒・職員共に、家庭生活においても3密状況や県外に居住する者との接触を避ける。
  ⑤県外に居住する者と接触した職員は管理職に報告する。管理職は状況を精査し対応を決定する。

 

 <保護者のみなさまへのお願い> 
    1 登校前に検温を行ってください。
    2 熱などの風邪症状がある場合には、登校を控えて医師の診断を受けてください。

  3 登校時は、原則として、マスク(布マスク、手作りマスクも可)を着用させてください。御家庭でマスクの準備が難しい場合は、担任に相談してください。

 

 

 

2020 5/1

【臨時休業措置の延長と学校再開について】

 本日、秋田県教育委員会から、臨時休業措置の延長と学校再開について連絡がありました。

 

 これを受け、臨時休業を5月10日(日)まで延長、学校再開を5月11日(月)とし、通常通りの日課とします。
 臨時休業措置の延長に、ご理解、ご協力くださるようお願いいたします。

 

 なお、今後の状況等に更なる変化が生じた場合は、対応を変更することがあることをご承知おきください。どうぞよろしくお願いいたします。

 

2020 4/27

【学校再開に向けて】

 4月13日から5月6日までの間、臨時休業への御理解・御協力ありがとうございます。
 5月7日の学校再開に向けて、次の3点について連絡しますので、御協力よろしくお願いします。
・5月7日(木)、8日(金)は下校時刻を午前11時30分とします。給食はありません。
・7日、8日は、午前11時40発の臨時下校便のスクールバスを運行します。利用の有無や降車場所について、4月28日(火)から5月1日(金)の間に学級担任が電話で伺います。
・学校再開後にスクールバス利用を控えたい方は、学校まで連絡をお願いします。
 学校でのコロナウイルス