サイトの現在地

前のページへ戻る


ここから本文です

 本校は、目の不自由な乳幼児から成人の方を支援する学校です。全盲の方だけでなく、弱視や視野に障害のある方も対象です。また、学校内だけでなく、県内各地で支援活動を行っています。

 クリックで記事全文へ(文章と画像のどこでもクリックで記事全文へいきます)

 

 

      3学期始業式(1月14日)
3学期が始まりました。始業式では、鈴木和人校長から「2020年、具体的にこれを頑張る、これができるようになるという目標を立てて、努力を始めるようにしましょう。」という話がありました。
         
      2学期終業式(12月25日)
2学期終業式では、鈴木和人校長から「2学期の行事や学習では、一つ一つしっかり準備や事前学習を行い、事後の記録や報告会まで丁寧な学習がされていました。

 
         
     

臨床体験発表会(12月12日)
12月12日(木)の3校時に平成31年度の臨床体験発表会が行われました。この会は、理療科を卒業する学年の生徒が、今まで校内臨床実習で治療してきた外来患者の症例を取り上げて、その成果を発表する会です。

 

         
      秋盲祭(10月26日)
朝方までの雨が嘘のように晴れ渡った10月26日(土)、「響け! 私たちのビューティフルハーモニー ~笑顔があふれる物語~」をテーマに秋盲祭が行われました。

 
         
      点字ブロック啓発活動(10月6日)
点字ブロックは、視覚に障害のある人にとって、安心して目的地まで案内してくれる道しるべとなっています。本校では、その役割や働きを多くの方々に知っていただくための活動を毎年行っています。
         
     

動画 平成31年度 視覚支援学校紹介VTR(3分)です。ぜひご視聴ください。

 

本文はここまで